不動産を上手く使って物件探し!|省エネ住宅エコポイントで充実生活

管理の主な業務

赤いアパート

充実した管理体制が求められています

マンション管理とは、マンション全体の保全に努める業務です。日々の清掃業務はもちろん、住民同士の苦情の解決も行います。また、マンションの住民から管理費を徴収して適宜、小規模な補修をや大規模修繕を計画します。最近のマンション管理体制は、このような住環境の整備だけにとどまりません。世帯の状況を把握して、それに応じた適切な管理が求められる傾向にあります。たとえば、1人暮らしの高齢者が多く居住している部屋は孤独死防止のため見回りを行っています。肢体が不自由な人は、有事の際に自力での避難が困難です。そのような人には、管理スタッフが介助に向かうなどの体制をとっています。このように、世帯に応じた管理体制は今後ますます加速すると予測されます。

マンション管理について注意すべき点

マンション管理について注意すべき点は、管理会社の業務の範疇です。それを明確にしておくと、自治会や住民同士のトラブルを未然に防ぐことができます。また、マンション管理の選定にも注意が必要です。近年では、そのマンションの施工主の関連会社が管理会社になるケースがほとんどです。しかし、施工主が管理会社ではない場合は住民たちが意見を出し合って管理会社を探します。その際は、実績と信頼がある管理会社を選定する必要があります。最近では、大手の管理会社より安い料金でマンション管理を実施している業者もあります。安い管理料金は、住民たちが支払う管理費が負担になりません。とはいえ、日常業務や大規模修繕などをきちんと計画して実施できる業者を見極めるように注意します。